防水劣化からくるコンクリートのヒビじゃないですか?

共用通路の天井はがれ

これは、アパート共用通路の天井です。
「あ~塗装が剥がれてきたかな?」
業者さんに相談してみますと塗装どころの話ではありません(@_@;)

アパートの陸屋根部分の防水劣化から水が浸透し、
コンクリート壁のヒビ割れが始まっているようです・・・・・💦

大慌てで、工事に入っていただきました。

足場

鉄筋コンクリート住宅は、名前や見た目からも、強固で長持ちすると思われがちですが・・・木造住宅同様に経年劣化していく建物です。

温度や天候などの外的影響を受け続ける事で、コンクリート自体が耐えられなくなり、亀裂が生じてきます。

こちらの建物、私が嫁に来て以降、外装塗装を見たことがないので、おそらく10数年以上は手を入れていないと思われます。


鉄筋コンクリートの防水塗装は5年から7年おきがベスト

専門業者さんによりますと、防水塗装は数年おき(5年から7年おきがベスト)にちょこちょこやっておけば、今回の様な大掛かりな修理にはならないとの事。

外装は金額も高額になりますので(T_T)・・・やはり、数年おきのメンテナンスは、費用軽減にもつながるのですが、建物を良好な状態に保つ為にも大切だということを、今回のことで勉強させていただきました。 

アパート陸屋根
こちらアパートの屋上、防水塗装の完成です!綺麗ですね

アパートやマンションに多い陸屋根は、三角屋根と比べて水分が停留しやすく、水はけも悪くなりがちなので、雨漏りの原因にもなるのだそうです。

コンクリートの雨漏れについて調べてみますと・・・
●鉄筋のサビ
●爆裂
●外壁のヒビ
などなど、想像しただけでもゾッとしてしますね(~_~;)

今回は、通路の天井でしたが
これが室内への漏水でなくて、本当に安堵いたしました。

耐用年数70年以上ともいわれる鉄筋コンクリートでも、こまめなメンテナンスを行わないと、劣化を早めたり、危険な状況にもなり兼ねないですね・・・

天井補修

共用通路の天井の剥がれも、綺麗に修復していただきました。


皆様のアパートに、このような剥がれはありませんか?
それはもしかしたら、防水劣化からくるコンクリートのヒビかもしれませんよ・・・

共用通路の天井はがれ

SNSでもご購読できます。