無断駐車対策

国交省が発表しているマンション総合調査で一番多いトラブル「居住者間のマナーをめぐるトラブル」。その中でも「駐車場・駐輪場の無断駐車」については40%の人がトラブルを経験した事があると、回答しています。

無断駐車禁止

「やられたらやり返す」は絶対NGの対応

まず、絶対に行ってはいけないのが・・・
●民間のレッカー会社にお願いして勝手に車を敷地外に出す
●勝手にタイヤをロックして移動不可能な状況にする
●違法駐車している前に駐車して車をだせないようにする
これらを「自力救済」と言って、日本の法律では、法的手続きをしないで実力行使をすることは禁止されています。

「相手が先に違法行為をしてきたのだから、こちらも違法行為で返してやる!」
ということは認められませんし、移動の時に、無断駐車の車に傷をつけてしまったら「損害賠償請求が発生する」可能性もあります。

そして無断駐車を常習的に繰り返す人は、このようなことを言い出しかねません…

民事案件では警察は動いてくれません

●警察にレッカー移動してもらおう
●無断駐車を取り締まってもらおう
は、残念ながら対応してもらえません・・・

公道での取り締まりはできても、私有地内は基本的に介入しないという方針です。
以前は、最寄りの派出所にお通報する事で、警察は無断駐車の所有者を特定し、所有者に対して移動するよう警告してくれていましたが、

管理者の目の行き届いた駐車場

私達が心がけているのが即対応です。
無断駐車の連絡が入ると、夜でも現地に確認しに行きます。

●無断駐車の車両を撮影し、警告文の貼り付けを行います(粘着テープは使わずワイパーに挟むなどして車への損傷を与えないよう気を付けます)
●これで、しばらく様子を見ていると、大概はすぐに移動してもらえます。こちらの連絡先を記入しておくと、折り返しの電話を頂け、直接お話させてもらえるので、お互いに変なわだかまりもなく、気持ちよく注意喚起を行えます。

駐車違反警告文

あとは、日頃から入居者の車種・ナンバーの把握をしておく事も大事ですし、無断駐車をされ、車を止めれない方へは、一時的に別の場所に止めてもらうための、臨時駐車スペースがあればなお、親切だと思います。

ただ、淡々と・・・この一連の繰り返しですが、私どものアパートでは少しずつ無断駐車が減ってきました。

駐車場も契約者の責任

意外と知らない方も多いのですが
「駐車場・自己車両の管理を自ら行い、無断駐車への対応・自己損傷等については自己責任」と、契約書上はなっています。

そうは言っても・・・居住者間のトラブルは、やはり避けたいものです。
橋渡し役の私達がやれることで、入居者さん同士が気持ちよく生活していただけるなら、嬉しい限りです。

SNSでもご購読できます。